"あたりずむキャンパス"とは、人とチームの成長リズムを引き出し活性化させる「組織活性化エンジン」です。

お問合わせはこちらまで

導入実績 vol.3
株式会社アビリエント 様

本社から離れた環境で仕事するエンジニアのリーダー育成
キャンパス機能・週報機能を活用してご導入


会社のご紹介

株式会社アビリエント様は、IT事業者様やメーカー様向けに、システム検証の専門的な知識を持った第三者として客観的かつ中立的な視点で、
開発した製品の安全性・操作の確実性・快適性の確認作業を行うIT検証技術の専門家集団です。

設立:2000年9月  従業員数:80名

事業内容:ソフトウェア開発/インフラ設計・構築/ソフトウェア検証/品質管理/IT業務支援、人材育成

URL:http://www.abilient.co.jp/

Q. お仕事の内容についてお伺いさせてください


 当社は、IT事業者様やメーカー様のシステム開発の現場で、システム動作検証や開発支援をさせていただいているIT技術事業者です。技術者のほとんどがお客様のオフィスにて仕事をしております。離れたところで仕事をする技術者に、より一体感を持って仕事をして頂くために、昨年、社是を刷新しました。その内容は、

アビリエントは、
「こうなりたい」を見つけられる会社
「こうしたいを」をカタチにできる会社
そして、「やり甲斐」「喜び」「誇り」を持つことができ、
パートナー企業様と社会にさらなる価値提供を創造する会社

という宣言を掲げ、技術者には、5つの行動規範、

5 abilient Way
・お客様や働く仲間に誠実であること
・お客様が喜ぶ成果にこだわる仕事をすること
・社会へ目を向けた技術力向上に務めること
・よりよい生き方・品格を意識した行動をすること
・心身ともに健康であること

を日々の業務で実践してもらい、各自の技術のレベルアップとともにお客様から評価される仕事をできるように エンジニア同士が切磋琢磨して仕事進めている会社です。



代表取締役 社長 山路 洋子 様

Q. あたりずむをご導入いただいたキッカケを教えてください


 技術者はお客様の拠点にて常駐して仕事をすることが多いので、 なかなか顔を合わせて話しをすることができません。 そのため、現場とのコミュニケーションは、1週間に1回提出していただいている週報のやり とりが中心となります。 エクセルで週報を記入してもらい、メールで送って頂き、必要に応じて本部のほうからコメントをメールで返信していました。 報告内容をエクセルで収集したり、各自の報告を共有サーバへ探しにいって見ていたりしていたので、 手間と時間がかかって大変でした。

 あたりずむを活用すれば、ブラウザで記入してもらい、それを閲覧することができるので、 いつでも、どこでも簡単にアクセスでき、離れたところで仕事をしているエンジニアのケアが行き届きやすくなるだろうと考え導入しました。


Q. どのようにご利用されていますか?


 毎週末、各自から週報を入力して報告があがってきたら、メールで通知がきますので、 すぐに閲覧ができ、それぞれの状況に合わせてコメントを返すことをしています。 パソコンだけではなく、スマートフォンでも利用ができるので、 報告があがってきた時点ですぐに内容を確認してコメントを書けるのがとっても便利です。

 また、全社員の報告状況も一覧でわかるため、本部としては、提出状況の確認と提出のリマインドが 簡単にできるので、管理が本当に楽になりました。


 現場のリーダーもワークフローであがってくるメンバーの週報を簡単に閲覧でき、コメントも書けるため、 一緒の職場で仕事していないバーチャルなチームでのチーム内ケアも格段にアップしたと思います。

 また、事務局からのお知らせ機能や掲示板で、業務で必要なことも簡単に周知できるので、 情報共有の場としてもとっても役にたっております。

 また、事務局からのお知らせ機能や掲示板で、業務で必要なことも簡単に周知できるので、 情報共有の場としてもとっても役にたっております。


Q. ご利用してみてのご感想はいかがでしょうか?


 これまでの個別のファイルでやりとりしていたことがブラウザで簡単にできるようになったので、 ファイルをメールでやりとりして、 パスワード付きファイルを開き、内容を確認して、個別にメールで返す 一連の業務がとってもスッキリした形になり、 やりとりの時間短縮の分、細やかなサポートをする時間が作れるようになりました。

 そして何よりも、写真を見ながらコメントができるので、社員との距離感がぐっと短くなり、 心が通うコミニュケーションがどんどん進んでいるように感じています。 リーダークラスの技術者も率先して後輩メンバーへのコメントを自発的に書いているようなので、離れたところでありながら、 これまでよりも一体感が増してきた実感があります。

 次の利用機能として、キャリアパスやスキルUPサポート、目標管理、業務経歴書のオンライン化の機能を活用して、 より一層、技術者のキャリアアップやスキルアップの支援に力を入れて行きたいと考えております。

 導入事例ダウンロード


お問い合わせ

詳細はお問い合わせください